仙台名物「マーボー焼きそば」を食べてきました

仙台のご当地グルメのひとつに、「マーボー焼きそば」というものがあります。こっちに来るまでまったく知らなかったのですが、いわゆる“焼きそばの上に、マーボー豆腐がのってる”という料理。

もともとは賄いメニューだったらしいのですが、TVで取り上げられて仙台の新名物となったとのことです。

 

その日、平日休みだった旦那とランチしようといろいろ探してたものの、私が行きたいお店は休みでなかなか他の行きたいお店が見つからず、旦那発案で「マーボー焼きそば」を食べに行くことに。(会社の地元の方に仙台情報をいろいろと聞いてくる&連れてってもらってるので、私より断然詳しい!)

12時前に、仙台駅近くの「泰陽楼」へ。

私たちが行ったのは、仙台駅から徒歩5分くらいのところにある東三店。昔ながらの中華料理店って感じで、ランチに来た女性客やビジネスマン、常連客らしきおじいさん、おばあさん…いろんな方が次々と食べに来てました。

 

「マーボー焼きそば」を初めて食べた感想

うん、美味しい〜!

メニューには“辛い”と書いてありましたが、ちょい辛くらいだったので食べやすかったです。豆腐も大きめでたっぷり、野菜、ひき肉がいい感じに麺に絡みます。(←うまく食レポできない…笑)あと、銀杏が入ってましたよ。+中華スープ付き。

麺もしっとりしすぎず、麺とマーボーの配分を間違えないように(麺がなくならないよう)最後まで美味しく食べきりました! とはいえ、私にはボリュームがかなり多め! 男性でもお腹いっぱいになるはず。見てた感じだと、他のメニューもボリューム多めでしたね。

ちなみに、麺は揚げ焼きそばもあるようです。次回はそれを食べてみたい。

知り合いが仙台に来たとき、メジャーな牛タンもいいけど、こっちに連れてくるのもアリかな。

 

こうやってご当地グルメをふだん食べられるのは転勤族のいいところ! 仙台発祥のグルメはまだいろいろとあるようなので、またご紹介したいと思います。