3歳児の映画鑑賞にオススメの「アンパンマン」

週末は、家族で『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』を見てきました。

うちの息子は3歳になりますが、アンパンマンが大好き。1、2歳の頃ってほとんど興味なかったのですが、3歳前くらいから急に大好きになりました。今では、アンパンマンのDVDを何度も何度も見てます。同じお話を何十回も観てもちっとも飽きない。

 

映画デビューは3歳1カ月のとき

息子が映画を観るのは、これで3回目。

映画デビューは、3歳1カ月のときに観た『日本列島 列車大行進』。

この日は私も行く予定だったのですが風邪でダウンし、パパと息子で観てきました。初めての映画で(パパと二人だし…)、場所見知りの息子がじっとしてれられるか、静かに観てられるか、と結構心配だったのですが、楽しく観れたよう。DVDまで買って帰ってきました(笑)。全然心配しなくてよかったみたい。

映画デビューは子どもの大好きなものを選ぶのがよさそうですね。うちは子鉄なので、電車映画を。映画館デビューの前に、家でDVDをある程度の時間、集中して観られるようになってから行きました。

 

2本目は『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』。

私も出産してからほとんど映画を観に行っておらず、『アナ雪』以来…⁈ こういう子ども向け映画は、子どもが楽しめれば!と思ってましたが、意外と大人も楽しめるものだな、というのがそのときの私の感想。

 

子どもが見やすい映画「アンパンマン

今回観た『アンパンマン』では、“映画館デビュープログラム”を実施してました。

子どもが鑑賞しやすい照明や音量で上映したり、入場時に貰える“カチカチなるこ”を鳴らして歌を一緒にうたえる場面があったり、メモリアルカードのプレゼントがあったり。上映時間も長ずぎず、子どもが飽きずに観られる、ちょうどいい長さの1時間程度。

我が子も3回目にもなると、自分の席に座って最後まで観ていられるようになりました、それもポップコーンを片手に(笑)。それに、ストーリーもしっかり楽しめるようになってきましたね。

物語はカレーパンマンがキーパーソンでしたね。「諦めたら、前に進めないよ」←と、大人の自分に言い聞かせる。

この〜バイキンマンめ〜! がんばれ〜ブルブル〜! と心の中で思わず私も応援してしまいました(笑)。

うちの子よりも小さなお子さんもいらっしゃいましたが、さすが、アンパンマン! みんな楽しそうに最後まで観てましたよ。

 

<子どもと映画鑑賞を楽しむためのメモ>

・今回は親子ペア券(2200円)+一般券(1400円)のムビチケで購入し、前日くらいに席もネットで予約したので、当日は並ばずとってもスムーズ。万が一、途中でトイレに行きたくなってもすぐ出られる通路側、画面が近いとどうしても疲れてしまうのでなるべく後ろの席を選んでます。

・席に着く前に必ずトイレに連れて行く(笑)。

・3歳ではまだ座席が大きく画面が見づらいので、映画館の子ども用椅子を借りて座席の上に乗せて座ってます。

・あまり早く席に着きすぎると予告編などで飽きてしまい、「まだ〜」と言い出すので、できるだけゆっくりめに席に着くように。

・もしお話を怖がったりしたら、自分の膝の上に座らせたり、手をつないだりして安心させるようにしてます。

・周りの迷惑になったり、うるさく騒ぐのはもちろんマナー違反ですが、子どもが多少お話に反応したり、歌ったりする程度に賑やかになるのはお互いさま。うちの子もお話に入り込むと「あ!◯◯だ〜」と思わず声に出てしまいます…

・終わった後に、感想を聞いてみる。子どもの視点が面白かったり、新鮮だったりするので。