「仙台七夕飾り」を作って楽しむ!

今日は7月7日、七夕ですね。

仙台の夏のお祭りといえば、やはり「七夕まつり」。

“七夕”と言っても、豪華な笹飾りが楽しめるのは7月にではなく、今年は8月6日(日)〜8日(火)の3日間。仙台市中心部他、市内各地の商店街などで飾られます。前日の5日(土)には花火大会も行われる予定です。

まだ七夕まつりには行ったことがなかったので、今年は初体験してこようと思ってます。幼稚園のママには、「花火はめちゃくちゃ混みますよ〜」と言われたけど…(笑)。もうすでに、近所のスーパーにも七夕祭りを感じさせる、小さな飾りが飾られていました。←わぁ〜仙台っぽい! と一人で感動(笑)。

 

 

先日、「七夕飾り」製作に参加できる貴重な機会があったので行ってきました!

せっかく仙台に来たし、見るだけでなく、作れる!ってのも貴重な体験ですからね。

一本の大きな笹に、すべて手作りの“七つ飾り”と言われる飾りをつけます。

「短冊、紙衣、折鶴、巾着、投網、くずかご、吹き流し」の7つ。一つ一つ、大事な意味があるそうです。

私が担当したのは、「吹き流し」部分。飾りは色とりどりの紙で作られ、吹き流しの上には大きなくすだまをつけると、一気に華やぎます!

参加者のみなさんとワイワイやりながら、こうやって作られてるのか〜と徐々に出来上がっていく工程を楽しみました。見た目もとっても華やかな飾りとなり、完成したときの達成感と言ったらもう!(←全部作ったわけじゃないけど…笑)

作った七夕飾りは8月のお祭り期間中に、近所の商店街に飾られるそうなので、実際に見に行きたいと思います。

おうちでも小さな「七夕飾り」を作るのもいいかも。(やるかやらないかは、わかりません…)

 

仙台七夕まつり協賛会の「仙台七夕まつり」HPには、【七つ飾りの作り方】が実際に掲載されてます(動画もアリ)。

 

 

年少の息子(3歳)の短冊に書いたお願いごとは…

「Maxときに乗れますように」

↑最近、大好きな“とき”。数年後にはなくなってしまうとのことなので(涙)、それまでに家族で乗りたいね!と言ってます。

ちなみに、去年(2歳)、保育園の短冊は「ドクターイエローに乗れますように」でした。毎年、電車ネタですね。さすが、子鉄(笑)