【私の勉強時間】応急手当講習を受けました

先日、「応急手当講習」を受けてきました。

第一の目的は、“いざというとき、子どもや家族を守るため”。

息子が生まれ、実際にケガや病気で(大事には至ってませんが)何度か急患診療所に駆け込んだり、相談ダイヤルに電話したことがありました。

知識がないから、ただテンパってどうしよう、どうしよう…となってる自分がいて焦る焦る(当の本人はケロっとしてたりもしますが)。命に関わる状況になれば、そうもいきません。応急手当の方法をきちんと知っておくだけでも違うと思ったので、今回受講しました。

 

 仙台市消防局の「応急手当講習」は、<救急車がくるまでに>をテーマに、

・応急手当に必要な基本知識の説明

及び

・胸骨圧迫

・人工呼吸

AEDの使い方

・気道異物の除去

・止血法

の実践を行います。先生のアドバイスを受けながら実際に心肺蘇生法をやってみるものの、難しいものです。なかなかコツがつかめず、うまくいきませんでした。

通常、普通救命講習Ⅰの講習時間は3時間ですが、事前に「応急手当WEB講習」(※PC、スマホタブレットで閲覧可。)を受けたので2時間に短縮。幼稚園のお迎えまでに、アレコレやりたいのでちょうどよい時間でした。

最後に「普通救命講習修了証」をいただいて、終了。この救命技能を使う機会がないことがいちばんですが、もしものときに役立てるようしっかりと身につけたいと思います。

 

ちなみに、仙台消防局の「救命ナビ」というアプリもあるそうです。

いざというとき、応急手当の一連の流れを教えてくれたり、仙台市内のAED設置場所のマップがあったり。

アレ、次どうすればいいんだっけ?と慌てず落ち着いて対処するためにも、私も早速ダウンロードしました。

 

今、“暮らしの知識をもっと増やしたい欲”がかなり強い。いろいろ勉強したいなと思う今日この頃です。