読んでる大人も一緒に楽しめる絵本

絵本大好きな息子(3歳)の絵本棚がだいぶ溢れてきたので、冊数を数えてみました。

 3歳5カ月現在…【60冊】でした。

多いのかな〜? 少ないのかな〜? どうなんだろう。

 

テーマを決めて絵本選び

本をたくさん読んでほしいなと思ってるので、毎月1冊、成長や季節などに合わせて選び、買ったりもしてます。30日生まれなので毎月30日前後に、6月なら“雨がテーマの本”、冬なら“雪が出てくる本”とか。息子に選ばせると同じような絵本ばかりになってしまうのですが、毎月テーマを決めるとバリエーションも出てきます。

あと、中学生&小学生になる姪っ子たちのおさがりをもらってだいぶ増えました。結構落書きとか描いてあるけど気にしません。

 

毎日寝る間に、1冊好きな絵本を選び、一緒に読んでます。毎日同じ絵本が続く日もあれば、しばらく読んでなかった本を持ってくる日も。

乗り物大好きなので、電車&車モノは多めですね(飛行機の本はなかった!)。あと、『ももたろう』がめちゃくちゃ好きみたいです。

最近はピアノ(を弾くマネ)にハマってる息子。幼稚園で先生がピアノを弾いてる姿をマネして、歌が載ってる本を机に開いて何やら歌ってます。そこに載ってる歌ではないときのほうが多いけど(笑)、なんとも微笑ましい光景…

 

大人もハマった『バムとケロ』シリーズ

数ある絵本の中には、私も好きな絵本がいくつかあります。

横浜から仙台へ引っ越す際、知り合いの方(2児の先輩母)がオススメだよとプレゼントしてくださった島田ゆかさんの絵本『バムとケロ』シリーズ。

読めば読むほど(見れば見るほど)ハマりましたね。かなり細かい絵で描かれていて遊び心も満載。言葉は少なめなので、テンポよく読めます。いたずら好きのケロちゃんと面倒見のいいバムのやりとりがホント可愛い! 何度読んでも飽きません。息子だけでなく、私も大好きになりました! まだ読んだことがないという方にオススメ。

 

移動時間にもちょうどいい“小型絵本”

子連れでお出かけって、ただでさえ荷物が多いのに増やしたくないと思いますが、持ち運びに便利な小型絵本を選ぶといいかも。※小型絵本『バムとケロ』は132mm×168mmで、通常版の約60%の大きさ。本を閉じた状態で、片手を広げたくらいの大きさでした。小さくて読みにくいということは全くありません!

帰省などの長時間移動の際は息子のリュックにおもちゃと一緒に1冊入れておいて、重宝してます。ストーリー通り読まなくても、絵を見ながら“◯◯探し”をしてみたり。←細かい絵でいろんな仕掛けがされているからこそできること。

 

3歳くらいになるとシンプルな絵本より、ちょっと複雑に描かれた絵本を好むようになりました。どうせ読むなら、大人も楽しいほうがいいじゃない! ってことで、今日は大人もハマる絵本のご紹介でした。