山あり、谷ばかり⁈ な男児トイトレ記録【前半戦】

3歳の息子はとってもマイペース。恥ずかしがりやで、慎重派。でも電車と車がだ〜いすきな男の子です。そんな息子のトイレ・トレーニング(トイトレ)について、記録も兼ねて書いていきたいと思います。

 

2歳9カ月にトイトレ開始!

以前通っていた保育園で2歳児クラスになり、周りのお友達がどんどんトイレに行くように。私もそんな姿を見ながら「そろそろ始められるかな〜」とのんびり目線。でも、息子自身はまだおしっこしたい感覚をわかってないご様子。家におさがりのおまるがあったので、とりあえず部屋の隅っこに置いておき、ちょっと座らせてみたり。まあ、そのうちやる気出すっしょ! くらいのユルい感じでした。

そんなとき仙台への転勤が決まり、環境の変化などもあったので、私自身も落ち着いてからトイトレをスタートさせました。

きっかけになったのが、お気に入りのぬいぐるみ『くまたん』を息子がトイレに連れて行き、おしっこのマネをさせたこと。

その2日後、自分から「トイレ行く!」と言い、お座りまでできました。このとき、息子は2歳9カ月。

 

楽しい空間づくりから

我が家のトイレは窓がなく、もともと薄暗い感じですが、“トイレを楽しい空間にするといい!”と聞き、まずは環境づくりから。

1 壁に動物の絵を貼って明るく!

2 おすわり、おしっこなど何かできたら【できた!シート】に私が絵を描く(笑)

3 キャラクターの補助便座を用意

4 おまるも併用して

5 座ってる間はドアを開けて私もそばにいる

最初は“ごほうびシール”ではなく、シートに私が車や電車、キャラクターの絵を描くことで喜んでくれた息子。おまる、補助便座はおさがりをもらってたのでそれを使いました。どこへ行ってもひとりになると不安がるので、トイレのときも必ずドアを開けて私は見える場所に。

 

しかし、そのあとすぐ実家に帰省したこともあり2週間ほどプチ中断…。

しばらく遠ざかってしまったトイトレも、根気よく、しつこくならないように! 誘い続け、一度成功すると再びやる気と自信が! 1回から2回、2回から3回と少しずつ成功する回数も増えていきました。

息子の場合は、夜、とくにお風呂後の成功率が高め。寝る前、お布団に入ると「ママ、トイレ行く〜」と何度も何度も起こされました(笑)。

約1ヶ月で夜(寝るまで)の成功率はほぼ100%に。トイレに座るとすぐ出るようになりました。しかし、昼間はやる気なし。

 

やる気を引き出すのに母は必死だぞ!

トイトレを始めたのが秋。だんだん寒くなり、なんだかトイレに行く回数もまた減って…このままでは遠ざかってしまう!

そこで、電車、車大好きな息子のやる気を引き出すべく投入したのが【トーマスのトレーニングシート】、【トミカのごほうびシール】、【アンパンマンの便座シート】。

キャラクター祭りですが、好きなものに囲まれるとやっぱり嬉しいようで、なんとか行く回数を細々とキープ。

 

またも中断…実家帰省の壁

3歳の誕生日を迎える年末年始、いつも通り実家へ帰省しました。トイトレを中断させたくなかったので実家でも補助便座などを用意。

しかし、1日中誰かしら遊んでくれる最高の環境(笑)に、息子からトイレのトの字も出てこなくなり…ついに、全く行かなくなった(母大泣き)

 

さて、このままトイトレ断念してしまうのか⁈ 

オムツ卒業まではまだまだ長い道のりなので、続きは【後半戦】で。