田舎出身者の私が【住】について思うこと

都会がいいか、田舎がいいか

我が家は全国転勤族です。北海道〜九州(残念ながら沖縄はありません!涙)、各地方都市に転勤の可能性があります。

 

私自身が今まで住んだ場所は

・愛知のド田舎(実家)←周りが田んぼや畑の町で育ちました

・東京・北区←就職、初めての一人暮らし

・東京・渋谷区←史上最強の都会生活!

・横浜←結婚、出産

・仙台←転勤1回目

 

ちなみに、都会度でいうと

(都会)東京・渋谷区>横浜>東京・北区>仙台>>>愛知(田舎)

という感じ。

 

都会への憧れが現実に…

子どものころ、田舎の農家育ちの私にとって【東京】への憧れは半端なかったですね。なので、大学進学で上京を目指していたのですが、一浪した末に実家から通える範囲の大学に進学。卒業後、なんとか東京の会社に入り、念願の東京生活を手に入れました!

でも、就職直後は家事もできないし、お金もないし、寂しいし…と結構ホームシックに。とか言いつつ、仕事にも慣れてくると、あらゆるものが溢れ、刺激的な東京は楽しくて仕方なかった時期もありました。

 

20代は良かったんですよね、それで。

30代に入り、結婚と同時に【横浜】へ。ザ・お洒落タウンのイメージが強いところですが、住んでいたところはいたってフツーの住宅街でした。

でも、ホント坂が多い! それも急坂! さらに道が細い! 車を運転できないし、子育てをしてて結構ネックで…横浜らしい点でもありますが。

周りにはバンバン家が建っては売れ、建っては売れ…でも、ここには永住できないなと私は正直思ってました。近くにスーパーも病院も保育園も学校もある。道路環境以外は特に不自由はなかったんですけどね。

 

やっぱり、住めば都?!

そして、いざ【仙台】へ。

来た当初は仕事を辞めたこともあり、なんだか心のバランスが崩れ、ちゃんとこの土地に馴染めるかな…という不安、無意味な不満を抱くこともありましたが、生活も落ち着いてくると、それなりに楽しめるようになりました。

住環境も整ってるし、気候にさえ適応できれば、都会すぎず田舎すぎずで暮らしやすいかなという印象。田舎に行けば行くほど車社会のところも多いですが、今のところ、運転できなくてもどうにか暮らしていけてます(本当はペーパーを脱却したい!)。

 

都会にはもう戻れない…かも

そもそも田舎育ちなので、だいたいのところは私の中で“都会”の部類に入っちゃいます(笑)。

最近よく思うことは、もう「東京(横浜)には帰れない」ということ。私の性格には、都会すぎない、ほどほどの場所(むしろ田舎寄り)が合ってるのかなと。

 

我が家はしばらくは単身赴任せず、家族で転々と暮らすことを選択する予定です。「いつか故郷・名古屋(愛知)に戻りたい」とぼんやり思うことも。でもせっかく様々な地域に住めるので、今はとにかく“見る目を養う時間に!”と前向きに捉えるようにしてます。